健康成分ルテインを気軽に摂取したい|サプリメントで確実摂取

目の健康を守る成分

サプリ

人間が合成できない成分

目に良い成分として知られる「ルテイン」は、人間の目の中の水晶体や黄斑部などに存在している非常に大切な成分です。ルテインを摂取することで、黄斑変性症や白内障の予防または改善に効果があるとされており、目に悩みを抱える人は積極的に摂取することが望ましいとされています。また、ルテインは人間の身体の中で合成されない成分なので、食事などから摂取する必要があります。主に緑黄色野菜に多く含まれているので、普段野菜をあまり食べない人はルテインが不足している可能性があります。そのような場合にはサプリメントでの摂取がおすすめです。サプリメントの場合、ルテインだけを効果的に摂取できるので大変効率が良く、食事から摂取するよりも吸収率も良いとされています。多忙で自炊が出来ない人や偏食の人、目が弱い人などにはサプリメントでのルテイン摂取が良いでしょう。

野菜と植物だけに存在

ルテインは、600種類以上あるとされているカロテノイドの一種です。植物や野菜に多く含まれ、特に緑黄色野菜に豊富です。カロテノイドは赤、橙、黄色などの天然色素で、ビタミンAの前駆物質でもあります。体内で合成できない成分なので、野菜などから摂取することが必須とされています。ルテインが不足する主な原因は加齢です。ルテインが不足すると目にさまざまな障害が起こります。中でも白内障や緑内障などが有名です。また、年齢に関係なく起こりやすいものには飛蚊症があります。現代人は慢性的に野菜が不足しています。ルテインは野菜や植物からしか摂取ができないので、野菜中心の食生活を心がけなければなりません。それに加えて、サプリメントで不足分を補うと、より効果的です。

赤や黄色が身体に必要

男性

人間にとって大切な成分であるルテインは、人間自ら体内で合成することができません。野菜や植物から摂取することが必要です。野菜では特に緑黄色野菜、植物では特にマリーゴールドに多く含まれています。野菜中心の食事や、サプリメントなどを活用して積極的にルテインを摂取しましょう。

Read More...

目の健康を守るために

スマホ

ルテインは抗酸化作用とともに、網膜を保護し修復する作用があり、加齢黄斑変性の予防に役立つとされています。緑黄色野菜に多く含まれますが、適量を継続して摂取するにはサプリメントを利用するのも良い方法です。

Read More...

毎日酷使される目のために

運動

現代人はパソコン、テレビ、スマートフォンなどブルーライトを発する画面を見ることが多く、目を酷使しがちです。ブルーライトは目の筋肉や脳を疲れさせるだけでなく、目の網膜や黄斑部にダメージをもたらす高エネルギーの光です。そんなブルーライトから目を守る成分としてルテインのサプリメントが人気を集めています。

Read More...